署名活動のお願い

署名活動

日頃より、新地高校同窓会の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。

新聞報道等によりご存じの方も多いと思いますが、福島県教育委員会は「生徒数の減少」を理由に2023年までに県立高校の統合再編を行うという報道がなされました。

福島、県立高96校を81校に統合再編(産経新聞)はこちら

この報道内で福島県立新地高等学校を福島県立相馬東高等学校と統合再編を行うとなっております。

この報道について、新地高校同窓会としては到底看過することができません。

現在、新地高校では諸事情によりそれまで上手に学校に馴染むことができなかった生徒を積極的に入学させ、3年間で明るく希望がもてる大人へ育っていけるように先生方に手厚いご指導やサポートに取り組んでいただき、立派な社会人として巣立っているところです。

また新地高校の役割として、東日本大震災で被災した新地町への貢献度が高いことが認められ、去る6月25日には復興大臣より福島県立新地高等学校「おもひの木プロジェクト」に対して、感謝状が贈られました。

津波被害の先輩忘れない 新地高に復興大臣感謝状(ヤフーニュース)はこちら

この度の再編が行われますと新地町唯一の高等学校が町から姿を消すことになってしまいます。

こうなりますと、東日本大震災からの復興を目指している新地町にとって、これからの復興創生に大きな停滞を及ぼしかねません。

また、今までの自分を見つめ直し、新たな夢や希望をもって入学してくる新入生が抱いている無限に広がる将来の可能性を奪うことに他なりません。

そのためにも2クラスの特性を十分に生かして先人が築き、守ってきた新地高校113年の歴史の灯を絶やすことはできないのです。

そこで同窓会として福島県知事 内堀 雅雄様、福島県議会議長 吉田 栄光様、福島県教育委員会教育長 鈴木 淳一様宛に『福島県立新地高等学校の存続を求める要望』ということで署名活動を行うことにしました。

あなたの小さな行動が未来ある生徒の可能性を広げ、歴史ある福島県立新地高等学校を存続させることができるかもしれません。

読者のあなたが署名にご賛同いただけるようでしたら、下記の『署名について』をクリックしてリンク先をお読みの上、署名活動へご署名・ご協力のほどよろしくお願いします。

署名活動に賛同していただける方はこちら

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました